忍者ブログ
40男のMarrが、日々思う事を不定期で綴ります

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



先日の読売新聞で、朝日新聞が従軍慰安婦問題の報道について、誤りがあったとして一部の記事を取り消したと書いてありました。
読売新聞はここぞとばかりに朝日新聞をネチネチと攻撃するような内容を延々と書いていましたが、私はそれを読んで、また残念な気持ちでいっぱいになりました。

確かに裏付けのないまま記事を全世界に広めた事は問題だと思います。
ただ、読売新聞の記事は、あたかもこの朝日新聞の記事によって韓国が日本を攻撃するきっかけを作ったかのように書いていました。
本当にそうでしょうか。

そもそも「慰安婦問題」という物が戦後70年近く経った今でも「問題」と言われ続けている事自体がおかしいのではないでしょうか。
韓国や中国がいつまでも「歴史認識問題」を持ち出す事に対して、日本が今のような態度を取っている限り、永遠にこの問題は解決しないでしょう。
事実と違う事を言われようが、過去は過去。事実はどうであれ、過去を変える事はできません。
昔の日本を正当化しようとせず、きっぱりと「過去に日本は過ちを犯しましたが、これからはもう絶対に繰り返しません」と言えないのでしょうか?
韓国人がアメリカに慰安婦像を建てようが、日本海を東海と呼ぶように働きかけようが、はっきり言って私は何とも思いません。
70年前の日本人が悪かったから今の日本人も悪いって言いたいの?
・・っていう感じです。いちいち目くじら立てなくても、日本が未来に向けた明確な姿勢を全世界に訴える事によって、そうした行動がいかにくだらない事なのかが分かってもらえるのではないでしょうか。
とにかく、この「問題」から早く解放して頂きたいです。

私は戦争を体験した事はありませんし、本当の悲惨さは分かっていないのかもしれません。
ただ、悲惨な戦争やそれに伴う残虐な行為は、決して繰り返してはいけないという思いはずっと持ち続けています。

過去の悲惨な歴史を繰り返さないよう、教訓として未来に伝えていくのが私たちの使命だと思います。

拍手[0回]

PR

Comment
name
title
color
mail
URL
comment
passward   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


Marrの呟き
powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
SAVE JAPAN
SAVE JAPAN
[義援金受付期間が延長されました!]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード
ブログ内検索
お客様