忍者ブログ
40男のMarrが、日々思う事を不定期で綴ります

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



前の記事の内容がちょっと気になったので、ちょっと補足します。

サッカーファンを攻撃したい訳でも、佑ちゃんファンを攻撃したい訳でもないので誤解されませんよう。

私が言いたかったのは、
「流行っているから」
「みんなが騒いでいるから」
・・・そういう理由で周りに流されている人が多いんじゃないか、って事なんです。

 



そういう人が増えてると思うと、この国の将来が心配になるんですよ。
「赤信号みんなで渡れば恐くない」
っていう感覚が蔓延しそうな気がするんです。
例え周りが悪い事をしていても、自分も同じ事をしてれば大丈夫、って。

そうじゃなくて、自分自身の意見を持って欲しいんです。
自分の意見は間違っているかもしれない。でもひょっとしtら周りが間違っているのかもしれない。
それは意見をぶつけ合わないと分かりませんし、ぶつける事によって相手の意見が変わるかもしれないですよね。多数決は議論の後にしましょうよ。

・・・何か偉そうになってしまいましたけど、何となくでも分かって頂けたでしょうか。
グチグチとすみません・・
 

拍手[0回]

PR
Comment
お知らせ ...2011/02/06(Sun)
by bthhp Edit
「ちょっと気味悪い」にコメントしました。
私も言いたい! ...2011/02/12(Sat)
by しいちょこ URL Edit
まーさんこちらでこんばんわです。

良くない表現ではありますが、ちょっと頭おかしいんじゃないかしら、と呆れるを通り越して心配になるくらいの状況だと私は思ってしまうのです。
そんなことより大切なことがあるでしょう?
そんなことより感動できるものがあるんだよ?

まーさんが仰っていたスポーツバーの、よくありがちな感じもそうですし、試合終了後の渋谷の街で騒いでる人達を何のポリシーもなくただ映す報道とか、もうやめてくれと言いたくなる時があります。

国会議員がダメなんだから私たち次の世代がしっかりした考えを持って前を向いていかなきゃならないのに、いつまでそんなに他人に流されているつもり?
…ちょっとこれはイイコ過ぎる発言だったかしら笑

私は一人だって赤信号を渡ってやる。
それで車にひかれたって自分のせい。
音楽や舞台に情熱を傾けていることを恥ずかしがったりしない。
みんなと観れなくたってサッカーは好き。
バカみたいなかっこしてたって席譲る。

1度しかない自分の人生は自分しか歩けないのに人に流されて終わるなんてもったいなすぎる。
まっぴらごめんです!

bthhpさまのコメントも拝見させていただいたのですけれどその通りで、そういう状況である若い世代(一応)の一人として、恥ずかしいというか心苦しいというか、そんな気持ちになりました。
私がこういった言い方をするのは「何様なんだ」といった感じでおかしい気もしますし、自分を正当化しているようで気持ち悪いのですが。

中には私の周りにいるような、そうじゃない(本当の意味で)熱い奴らもいるわけで、そういう人たちの頑張りが表に出てきにくい社会というか世間のあり方がすごく歯痒く感じたりもします。

人と違えばいい、ということではなくて、どれだけ自分の信念というか、ポリシーみたいな譲れない何かを忘れずに持っていたいと、私はいつも思っています。

…熱くなりました。
結局何が言いたかったのか忘れてしまいましたが、お2人の考えにとても共感したので乗っかってしまいました笑

まーさんお仕事お疲れ様です。
お忙しいでしょうし私うっとおしいですから笑、お返事などはあまり気になさいませんよう☆

まだまだ寒いですからお体にお気を付け下さいね。
ありがとうございます^^ ...2011/02/12(Sat)
by まー Edit
しいちょこさん、ありがとうございます
しいちょこさんの場合は心配要らないようですね(笑)
サッカーに熱狂してる人、佑ちゃんを追いかけている人の中で、
「例え自分一人だけでも同じように熱狂できる!」
そう言い切れる人がどれだけ居るんだろうって思うんですよね。
F1ブームの時もそうでしたけど、あの当時熱狂してた人が、セナが亡くなってブームが去った途端にパッタリと見なくなったとか。
F1はセナ一人だけの物でもないし、サッカーもゴールを決めた人だけの物じゃないですよね。そういう断片しか見てない人が寄ってたかって「ブーム」を作ってるのが何か恐ろしい気がするんです。

「信念」「ポリシー」、いい言葉ですね。口に出して言うと何か嘘っぽいですけど、そういう考えをしっかり持っている人っていうのは普段の会話(ここの場合は文章ですが)で分かるものです。
そういう人は人間として魅力的ですし、コメントのやりとりをするのも楽しいですね。

・・お言葉に甘えて簡単に返信しようと思ってたんですけど、ついつい熱くなってしまいました(笑)

仕事のキリが付くのはまだまだ先になりそうです。。
でもみなさんから温かいお言葉を頂いてますので、それを励みに頑張ります。

本当に感謝!!
☆まーさん・bthhpさまへ☆ ...2011/03/06(Sun)
by しいちょこ URL Edit
「ご立腹」だなんて、とんでもありません。
反応して声をかけてくださって、本当にうれしいです。
私の表現が拙くて…独りよがりなわがまま女子のたわごとみたいに見えてしまっていたらごめんなさい。

私でさえ職場で、たかが4、5歳年下の後輩にさえ物申したいところがたくさんあるのに、もっと目上の方々から見たら、それこそ「ツッコミどころ満載」なはずなんですよね。
ひとつ視野が広くなった、と思えても、もう一歩外に出たらまた宇宙の真っ暗やみ。
それでも自分から光を放つ恒星になろうと、日々精進が続いています。

仲間や、支えてくれる人たち。
それらが私にとって、いちばん大切なものであることは、言葉にするまでもないことで、
(ごめんなさい、前回はこの部分が抜けていたように思います)
そんなことを考えると目頭が熱くなるくらいの想いがあります。
彼らがいなければ今の私はあり得ないと言っても過言ではないと思っていますから。
彼らあっての情熱、信念。言いかえれば、彼らのために、ともなるかもしれません。

周りの状況、関係性をよく判断したうえで、
私の想いは仲間の想いでもあったりする時もあるから、このひとつだけは貫きたい。そう思うところは譲りたくないし、
暴走しがちなお互いにブレーキをかけるのもまた、大切な、アホだけど愛しい仲間だったりします。
抽象的で申し訳ないのですが時に柔軟に、時に頑固に、そういうバランス感覚を大切にしたいなと、私は思っています。

いったいいくつまで「若気の至りだ」とか言ってるつもりなんだって話ですけれども笑
今の自分だからこそ行動に移せることもあると思いますし(イタズラとかじゃないですよ笑)
…そこは皆様の大きな懐をお借りしたいところです。


私も熱いの好きです笑
まーさんの、息子さんとの関西弁のやり取りを拝見して、
思えば私の育ってきた環境がもうすでに暑苦しかったのかもしれないなぁと思いました笑
そんな感じの、ちょっと冷めたというか…そんな社会の中に、少しくらい私たちみたいのがいたっていいじゃない!
と、また自分を正当化したい病が再発です笑
今日もこうして青臭いわたくしであります。


あーんもう!長い!暑苦しい!笑

対応が遅くなってしまって…ごめんなさい☆
定時の仕事ではないので、これからもこんな感じになってしまうと思うのですが、
こんな風に話ができる場所を見つけて、嬉しく思います。
まーさんありがとうございます。


ちなみに……分類的には、一応メスになるようです。
絶世の美女だなんて……ハードル上げすぎですまーさん!
並んでるハードル飛ばずに全部なぎ倒して走りますよッ笑


暑苦しいの何が悪い! ...2011/03/06(Sun)
by まー Edit
熱く語るのは、誰かに思ってる事を伝えたいという意思の表れですから、私も大賛成です。
しいちょこさんが私と「同じ匂いがする」と感じるのは、こういう共通点があるからかもしれませんね

私の場合は結婚して子供が出来た頃から「仲間」がバラバラになってしまったので(詳しくは「昔話」カテゴリで)今でも仲間と一緒に居られるしいちょこさんが羨ましいです。
男も女も関係無く、共通の話題で騒いでバカやって、苦しい事も励まし合って乗り越えて行く。そういう仲間が居るって幸せな事ですよね。
逆に一見「良い子ちゃん」でも、本当の意味で良い事と悪い事の判断ができない子が増えてるのかなぁ、と思う事が増えました。これも歳のせいでしょうかね(笑)

こんなちっぽけな場所で良ければ、いつでもどんな事でも書き込んでやってください。
私も自分と同じように感じてくれる人が居てくれて嬉しいです

いやいや、しいちょこさんは絶世の美女です(断言)。ハードルは高い方が超えた時に気持ちいいですから(笑)
name
title
color
mail
URL
comment
passward   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


Marrの呟き
powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
SAVE JAPAN
SAVE JAPAN
[義援金受付期間が延長されました!]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
バーコード
ブログ内検索
お客様